読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

臼井総理の「なんでもやってみよう」

ライター・編集者、臼井総理の日常を綴るブログです。同人サークル「版元ひとり」での活動についても語ります。

42歳男子、実はヤバかった!初めてのアナフィラキシーショック。中編

臼井総理です。
病院食で、パンとごはんと卵とバナナがとりあえず大丈夫だってことがわかってホッとしている中年おじさんです。

souri.hatenablog.jp

前回の続きです。
入院中落ち着いたときにメモを書きためてたんですよね。
忘れないうちにブログ書いときます(笑)

5月12日

・AM1時ごろに発症(これは時計みたのでなんとなく覚えてる)
・0105 #7119に電話(通話時間8分)
・0113 慶応大学病院に電話(通話時間12分弱)

こんな感じの発症直後。
結構スピーディーにことを運んでるんですけど…。

この慶応大学病院の電話がなかなか繋がらないんですよね。
確か、合成音声の「振り分け」まではすぐいくんですが、このあとまず事務室?かなにかに繋がるまでに時間が掛かる。でそこで要領を得ないことをしゃべられて、ようやく当直に繋がったのが8~9分後…。

「はい」

妙に眠そうな先生の声。

(あとで実際に会ったらもともとこういうお声だったようなのですが)

もうね、こっちは必死なんですけど、のれんに腕押し糠に釘、なかなか話が進まない。
同じことを何度も聞かれます。

「とりあえず来てください」

と言われるまでにトータル10分少々。

「どうやっていけばいいんですか?」

とよくわからん問いをしたら

「タクシーで来ればいいんじゃないでしょうか」

だってさ。
あっそ。
いやーホントに電話繋がるまでが地獄でしたわ。
ほんとに繋がんないんだもん。

今考えると、こんなことしてないで救急車で直行っとけばよかったって話なんですけどね。

とりあえず冷静に?携帯電話と携帯の外部バッテリーをつかみ(充電が不十分だという覚えがあった)、財布を小さなバッグにぶち込み、ジャージの上に寒くないようドカジャンを羽織り、マスクをして出撃。

この時点では、視界は戻っており、多少ふらつくもののまっすぐ歩ける状態でした。
運良く表通りでタクシーをすぐ拾い、慶応病院へ。

数人、深夜急患窓口に人がいるも、どうやら精算待ちの様子。
すぐに窓口へ。

超苦しいのに、書類何枚もにサイン。
さらには「この保険証使えません」とかわけのわからんことを言い出す。

私の保険証は、地元埼玉の国保なんですが、

「埼玉県の保険証は使えませんよ、自費診療になります」

と意味のわからんことを言う若手事務員氏。

んなわけねえだろ!!!!

※以前も慶応病院で検査をしてるが、ふつうに有効だったし。

さすがに激高する体力もないので、

「そんなわけないでしょう…」
とあきれたように対応すると、

「少々お待ちください」

と後ろに引っ込む。

なんのかんのでやっと出てきたのだが、「すみません」の一言もなく。
ようやく診察に案内されたころにはどっと疲れてました。

診察に向かうと、症状を聞いていたのか看護師さんが車椅子に乗せてくれ、すぐに診察台へ。
わらわらと先生方が大量に集まってくる。

え?これヤバいの?

顔に出ていたんでしょう、最初に対応してくれた女性の看護師さんが

「これ、救急車で来たほうがよかったんですよ、本当に危険だから」
ってオイ!
わざわざ#7119に電話したんだってば!(笑)


いやーもうここからは服をひっぺがされ、センサー山ほどつけられ、手の甲から点滴ぶち込まれ、採血されて寝たままレントゲン撮られて…というあっという間。横に置いてあるホワイトボードには、私の症状とか数値とか、次から次へと聞かれる「食べたもの」「直前の様子」が書き込まれていく。

あ、これなんか救急病棟24時的なやつで見た光景だ…
となんか冷静な私。
この時点(あまりふらふらしていない)で血圧が上80、下45?みたいなことを言ってたので、視界が灰色になったときは、ホントにヤバかったんだねえ…。

そんなこんなで、点滴経由での薬も効いてきたのか身体の様子も落ち着いてきた私。
落ち着いてみると、寒さを感じるように。

「ちょっと寒いです」

というと、何かタオル的なものをかけてくれたが、結構寒い。
後で聞いたら、アレルギー反応で発熱しているのだが、落ち着いたところでそれに気づいたからでは、とのことだった。

どのくらい時間が経ったろうか。
処置台に乗せられているからなのか、マクラがないので頭と首が痛む。
とはいえ、それを主張するのもめんどくさいのでじっとしていると、当直医が

アナフィラキシーショックは、24時間以内に大きく再発する可能性があるので、最低24時間経過観察したいのですが…入院できますか?」

と。
いやあ、入院しなくて済むならしたくないが…と逡巡していると、

「しますか?」

と。

「先生がしろというならします」

と消極的な返事をするが、これ、わかってるんですわ、自分でも。
本人に意識がある以上、本人判断でないとダメなんだよねー。
昨年末の心臓病での検査入院でも同じだったから。
(そのときは、後日にしてもらった)

「したほうがいいと思いますよ」
「じゃあ、入院で」

ということで、緊急入院決定。

ここで先生、びっくりすることをのたまうのです。

「経過観察するために、できれば個室にしてほしいのですが…、うち、高いんですよ個室。最低でも一泊3万8千円です」


おい!!!!!!
2泊で8万弱!!!!!

差額ベッド代だけでそれかよ!!!!!

さすが慶応さんだよ…。
いくら俺が慶応大学落ちたからって、こんな酷い仕打ちはないよ…(関係ない)。


結局、いろいろ交渉した結果、+8000円の2人部屋に。
夜中にドタバタ入院したため、相部屋の方にはご迷惑をお掛けしました…。

この話、次回で終了です。