読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

臼井総理の「なんでもやってみよう」

ライター・編集者、臼井総理の日常を綴るブログです。同人サークル「版元ひとり」での活動についても語ります。

【話題沸騰?】「なか卯」のいくら丼を食べてみた!

駄文 たべもの

臼井総理です。
いくら、だーい好き!

というわけで、先日からずーっと気になっていた「なか卯」の「天然いくら丼」を食べてきました!
…実は、2度目なんですけどね。

持ち帰りができない「店内限定メニュー」だということをまずは押さえておきましょう。
(撮影のために持って帰りたかったんですけどね)

www.nakau.co.jp
f:id:ryu_writer:20151016160711j:plain

並盛、790円なり。
微妙な値付けですよね。
高い!…とまでは言いませんけど(一応「いくら丼」ですし)、
かといって安いわけでもなく。
牛丼2杯分ですからね。

丼には、中央にいくら、その周囲を錦糸玉子の短いヤツみたいなものが
包囲しており、隅っこにネギ。
刻みのりとわさびは別添、醤油は別容器です。
f:id:ryu_writer:20151016160734j:plain

さっそく、いただいてみましょう。
わさびは「本わさび」とあるためか、そんなに辛味全開ではないですね。
くら寿司」の初期の頃のわさびっぽいと言えばピンと来る方…いないかな。

くら寿司のわさびって「本わさび使用」をうたっていまして、
 たしかに最初のころは辛すぎず風味もあって旨かったイメージが
 あるのですが、ここ1、2年ほどは妙に辛さばっかりの、
 安わさびになってるイメージがあるんですがどうですかね。

わさびを醤油に溶いて(ほんとうはこうじゃないんでしたっけね)、
軽ーくかけていただきまーす。

さて。
気になる「いくらの量」ですが。

これがね。ズバリ

少なすぎない

って感じ(笑)
多いな!オトクだね!
とは思わないんですが、けっして少ないわけではない。
790円でも、まあ不満はないかなというレベルの絶妙な量です(笑)

正直、これ以上少なかったら「えー」って思うかもしれないなあ、という。
「少ねーよボケ!」というほどでもなく、かといって「多いぞロングビーチ!」と
感動するほどでもなく。絶妙。
強いて言えば、これで690円だったら通いまくるかも、ってとこです。

いくら自体も、ちゃんと形になっていてプチプチ感もあり、
といって皮残りしまくるような、妙な皮の固さもなく。
臭みもほとんどないですし、いい処理してるなあと思いました。

全体的に

「悪くない」

です。
いくら好きとして、気軽に食べられるところはホント◎ですね。
ただ、ネギはどうなんですかね。
私ネギ好きだから許せますけど、箸休めなのか薬味なのかなんなのか、
とりあえずあるから乗せてみた感があって▲です。
三つ葉とかのほうがいいのでは。
それか刻んだ大葉か。
ま、それも贅沢な要望なのかな。

総じて、本当に旨いいくらをたらふく食べたい!
という場合に食べるもんじゃないですけれども、
あーちょっといくら分が不足してるなー、ってときにはちょうどいいのでは。
ぜひ定番にしてほしいなあと思いました。
できれば高くなってもいいので「いくらだけ大盛」みたいなメニューもあると、
選択の余地も広がるなあと思いました。

なか卯は、夏に「鰻重」「ひつまぶし」(うなまぶしでしたっけ?)で
ヒットを飛ばしたらしいので、次の海産物、っていう意味合いもあるんでしょうが、
これ、なかなかいい路線かと。
ちなみに私、夏はやたらとなか卯の特鰻重食ってました(笑)

そういえば同系列の「すき家」でもネギトロ丼出してましたよね。
牛丼屋(なか卯はうどんも主力なので牛丼屋と呼べるか微妙ですが)の
サブメニューとして海鮮、アリだと思います。

何かといわれがちなゼンショーグループですが、
こうした工夫はおもしろいと思いますし、頑張ってほしいですね。

…と、優等生的にまとめたところで、おしマイク眞木