読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

臼井総理の「なんでもやってみよう」

ライター・編集者、臼井総理の日常を綴るブログです。同人サークル「版元ひとり」での活動についても語ります。

原鉄道模型博物館はデートスポットだな!

臼井総理ですよ~だ(浦辺粂子のまねで)。

というわけで、2月28日にみなとみらい付近をうろうろしていた記録です。
下記記事もご覧くださいまし♪

さて。
スタンプラリー(下記参照)をクリアすべく、

ヨコハマ乗りものフェスティバル2015 Spring 乗りものスタンプラリー | 横浜みなとみらい21公式ウェブサイト

最後の目的地「原鉄道模型博物館」へ!

まだ博物館ができる前、横浜そごうかどこかでやっていた
展示をカミさんと息子は見ていたそうなんですが、
そんなことは完全に忘れていた私(&息子)、さっそうと博物館へ。
ここは3カ所のなかで一番入場料お高めなんですが、その価値あり!
息子はもっぱらジオラマにしか興味がなく、そっちばっかり見ていましたが、
一車両一車両、展示をじっくり見て回りたいところです。
家族連れ、子供連れも多いところですが、
ぜひここは「大人だけ」で見てほしいですね~。もちろん、子供もばっちり楽しめますが。
うちはカミさんも鉄道好きなので、いずれ夫婦で見てみたいですな。

ちなみに息子は、ここへ言ってからというもの
「ジオラマ作ろう」「ジオラマ作ろう」とやかましいのなんの(汗)

この博物館には、大きいジオラマが2つあります。
一つはこれ。
ほんと、大規模。
車両もでかい!HOゲージよりさらにでかい。



ちなみに、細部を見られるようにオペラグラスを貸してくれるんですよ。
それが必要なくらい大規模なジオラマだっつーことですね。

もうひとつは、みなとみらいの街をモチーフにしたもの。
すこし小規模ですが、それでもなかなかでかい。



いやーここは本当にじっくり見たいですね~。

ちなみに、同じビルの1階には、天賞堂鉄道模型のお店)が入っていますので、
子連れのかたは要注意。
私はさりげなく2階に上がっちゃいましたので、
息子にはバレずにすみました(笑)
バレると買え買えうるさいですからね。

というわけで駆け足ではありましたが、息子と巡ったみなとみらい周辺。
いかがでしたでしょうか。
今度の週末、ぜひあなたも言ってみてください♪

ちなみに、例のスタンプラリーのグッズですが、
どこでゴールしてもちゃんと「3施設ぶん」もらえるようです。
私たちは原鉄道模型博物館でいただきましたが、
同所の封筒にちゃんと3つ入ってました!

じゃあの。