読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

臼井総理の「なんでもやってみよう」

ライター・編集者、臼井総理の日常を綴るブログです。同人サークル「版元ひとり」での活動についても語ります。

ハムの局免、コールサインをどうしよう(後編)

無線・ラジオ・電波

総理です。後編です。

何が困っちゃったかというと、実はワタシ、過去にもうひとつコールサインを取得したことがあるんですよ。

もう10年くらい前になるんでしょうか。
なんとなくアマチュア無線を再開したくなって、新しい無線機も買って始めたんですよ。当時関東エリアでは「JAコール再発給」というのがとても話題になってたんですね、無線家の中で。どういうことかと言いますとね、まあ簡単にいっちゃうと、格好良くて古いコールサインの中で、今はもう使う人がいなくなっちゃってるもの(期限切れとか、ご本人が亡くなられたとか…)を、再度誰かに発給しちゃおうってわけです。

本来、コールサインっていうのは再利用されることがなく、原則ひとつのコールサインはひとりにしか与えられないんですが、コールサインが尽きそうなので古いヤツを引っ張り出してきたと、こういうわけです。

会員証の番号、9999までいっちゃったから0001に戻すね、とかまあそういう感じです。

そんなこともありまして、ワタシは10年ほど前の再開局のとき、「7」コールサインを捨てて「JA1●●●」をゲットしたんです。ところがその後ワタシはお金も何もないような時期を過ごしたもんで、せっかく取ったJAのコールサインも免許切れとともに失効…。再度同じコールサインで開局しようにも、当時の免許状がどっかにいっちゃってるんですよね。家にあることはわかってるんですが、今は鳥が占領している我が家の「鳥部屋」のどこかに埋もれちゃって…。

「当時あなたが使っていたコールサインはこれで間違いないですよ」という証明を取ることもできるんですが、地元の人とのおしゃべりくらいにしか使っていなかったので(ローカルラグチューなんて言いますね)、アマチュア無線連盟に記録がなくて証明が出ない。

…まあいろいろ書きましたが、要は

「スナックで今度働こうと思うの。で、昔アタシキャバクラで

 ・ミキ

 ・マリ

 っていう源氏名使ったことがあるんだけど、どっちにしようかな~。

 ミキってほうはあんまり気に入ってないんだけど、お客さんがついてた名前だし、当時の手帳も見つかったから営業に役立ちそうなの。

 で、マリのほうはすごく好きな名前なんだけど、当時はお客さんもあんまりいなかったし、メモしてたハズのお客さんリストもなくしちゃって出てこないのよね~。

 どっちの名前で出ようかしら」

ということなんですわ。うーん悩ましい。